風俗とはかけ離れた容姿でもあった

人妻デリヘル嬢がするんだから

下着姿の女性Hをしているカップルしかも、奴らは旅券不携帯で現行犯逮捕されない限り、足跡を追うのはまず不可能だ。それに、奴らのほとんどは特定の組織に属さず、個人で行動しているから、捜査の手は及ばず、闇に葬られる外国人による殺人事件は後を絶たない。殺しに限らず、歌舞伎町で商売しているチャイニーズなら、余計に始末に負えない。「一0万円なら軽傷、20万円なら重傷、五万円なら、何の証拠も残さずに人を殺す」というのが相場だ。プロの殺し屋でもマフィアでもない、クラブで下働きをしているようなチャイニーズにだって、金さえもらえば簡単に人を殺す奴がけっこういる。

セックスのスキルや性能についてである

歌舞伎町のあるクラブで、店の掃除や皿洗い、使いっ走り、ホステスの送り迎えから、タチの悪い酔客をボコボコにしてつまみ出す用心棒の仕事まで、あらゆる雑用をやっていたチャイニーズの男がいた。ある夜、そのクラブの常連客が、この時はたまたま目撃者がいて、店を出て帰宅するところを襲われ、喉を刃物で切られて死んだ。そのクラブの雑用係が容疑者に挙がった。奴の自白によると「店のホステスに20万円もらってやった」と言う。そのホステスを取り調べたところ、殺された男とは愛人関係だったが、その夜別れ話を切り出されたのでカッとなって、雑用係の男に金を渡して、痛い目に遭わせてくれと頼んだらしい。射精であった

オナニーのおかずにしていたと言う

処女を奪ったのは魚肉ソーセージでしたクリトリスって神経がむき出しになっているから男の人が考えてる以上に敏感なんですよ」「露子さん」もうひとり、口でクリをはじけさせる方法を伝授してくれたのは、高島平の団地凄·里美さん「38歳」だ。「私のクリトリスは結構大きめで、興奮すると1·5センチぐらいになるんです。こんな状態になると、夫は乳首をチュバチュバっと吸うような感じでクンニしてくれるんです。ときどき唇でクリトリスを甘噛みするような感じのやり方もすっごく気持ちよくて。夫は首を上下させるから大変なんだぜっていうんだけど「笑」、チュバチュバの動きが早くなると、どんどん昇りつめ、3分どころか1分も持たないんじゃないかしら」「里美さん」池袋駅デパ地下の買い物帰りに取材に応じてくれた美白新婚妻の美奈さん「28歳」は、「自分の指ではイケても、夫の指ではなかなかイケなかった」という。

取材できるところはピンクサロンしかなかった風俗

風俗情報誌にもよく顔出しをしている現役AV嬢でもある
「付き合いはじめたころ、夫はクリトリスを指でグリグリ押しつけるだけで、気持ちいいどころか痛かったぐらいでした。だから、結婚して3、4カ月たったころ、教えてやったんですよ。こんなふうにするとイケるってね」ぜひぜひ、教えて。指でイカせる方法を。「まずね、左手の中指と人差し指の間、第2関節よりもっと奥にクリちゃんを挟むんです。その指を押しつけると、クリちゃんが「指の間に」ブクンと顔を出すでしょう?その先端を右手の中指の腹でスリスリするんです。
セックスを感じさせない女が汗を流し

オッパイしてるじゃねえか

床屋代といえば、刑事時代は、担当する事件によって、しょっちゅう髪型を変えた。でも、そんな俺たちを助けてくれる奴はいないんだな、これが。「係長、P組の若い奴らが、危ないことやってるらしいんで、張らせてください」俺は、神妙な顔で仁王立ちになって言った。係長のデスクの前に、この髪型ですと、ある日、「つきましては、一度P組とは接触しておりますので、ピーエム「警察官」だとばれる可能性がございます。でありますから、髪型を変えたいと」係長の、鬼瓦みたいなゴツゴツした顔の口元が若干ゆるんだ。「分かった。

セックスしていたことになる

風俗店へ行き
行ってこい」そう言って、財布から一万円札を出して俺に渡してくれた。これは経費ではなく、上司のポケットマネーなんだ。「ただし、スキンヘッドにしてこい。今回の捜査のテーマ、スキンヘッドのパンクスでどうだ?」係長がガハハと笑った。分かっているんだ。ボサボサに伸びた髪を切ろうという、俺の魂胆を。