学資保険の保険料節約方法

子どもの将来かかる教育費のために早くからお子さんに学資保険をかけている方もいらっしゃると思います。

昔と違い、大学全入時代などと言われている現在の日本で子ども一人を成人させるには、生活費と教育費だけで約2000万円ほどかかると言われています。

貯蓄だけで教育資金を確保していくのは骨が折れますし、子どもの教育資金を用意するためにも学資保険は切っても切り離せない関係にあると思います。

そこで、今回は学資保険を少しでも節約する方法について書いていきます。



まず、学資保険とは保険料を支払う事で子どもの学校入学の際にかかる、入学金や祝い金を受け取る事のできる保険の事です。

医療保障や死亡保障が付帯されているものは、学資目的意外にも活用する事ができます。

しかし、少しでも学資保険の保険料を節約して、子どもの教育資金として学資保険を使いたい場合は保険料の安い積み立て貯蓄型の学資保険を選ぶ事をおすすめします。

保険料が安くても学資保険としての機能は変わりませんので、教育資金としての加入であれば、これで十分だと言えます。



学資保険の保険料の払い込みには半年や一年まとめて支払ったり、契約金額の全てをまとめて支払う事ができ、まとめて支払う事により分割して支払うよりも保険料は安く済みます。

また、お子さんが何人かいる場合は、兄弟で加入する事で割引がきく場合もあります。

さらにインターネットから加入する事で割引をしている保険会社もありますので比較してみてください。

毎月かかるものなので少しでも安くなる事は家計に良いですし、さらにお子さんの教育費として貯蓄する事ができるので学資保険の保険料節約を検討してみる事をおすすめします。

2009-06-07ブログテーマ《学資保険の保険料》. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply