コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

育てることにも役立つと思うでしょう。

教育といったケチな目標でなされる

子どもってなんてすばらしいのだろう。
お片づけサービスのお客様も、慣れないうちは高かったまだ使えるいつか使うかも友人からの頂き物だからなどと自分にとって大切かどうかとは別の基準で物を残そうとしたり、どんなふうに暮らしたいかということに関してももっとスッキリ暮らしたいというあいまいな表現が精一杯で、具体的な暮らしのイメージが浮かばないことが多いのです。
自分にとって大切な物を選びとるカは、幸せに生きるためには不可欠です。そして、それが本来得意なのは、実は大人よりも子どもの方です。子どもは親がお金を払ったおもちゃに対して高かったからなんて考えませんし、誰にもらったかなどのしがらみも気にせずこれはもういらない。これは大好き!と言えるのです。あまりの潔さに大人の方がたじたじになることもありますが、自分に正直でピュアな感性を持つ子どもならではのこと。
もったいないでしょ?
これは高かったおもちゃなのにもういらないの?
子どもは移り気です。

父親が口出ししなければならないとき
など、必要以上に口出しをしてわが子の感性を否定せず、まずはお子さん自身にじっくり考えさせてあげてくださいねさぎよお片づけが育む子どもの生きる力③自分で決める力子どもが自分で好きな物を選ぼうとするときに、その決断を邪魔してしまうのは、私た鼻の方です。「もったいないからとっておきなさい、それはこの前買ったばかりじゃない!?」、お義母さんからのプレゼントなのにいらないなんて悪いでしょ?など、子どもの潔すぎる判断に戸惑ってしまい、つい親の価値観を押しつけてしまいます。
かぁ
せっかく子どもなりに考えて決めようとしているのに、その度に親にこうしなさい
と訂正されてしまうと、子どもは次第に自分の判断に自信をなくしてしまったり、自分で考えることを面倒臭がるようになるでしょう。

母さんにもそれぞれの考え方があるのはわかります。

その繰り返しで育てられてきた子どもがある日突然、もう大人なんだから自分のことは自分で決めなさいと言われたら、果たしてその子は自信を持って一人で決められるでしょうか?
子どもの物を整理するときは、考えて決断する練習を、基本的には本人の意思を尊重してあげましょう自分で小さなころからさせてあげるのです。
ときには
本当に大丈夫?
と、心配になるかもしれません。
でも失敗することもとても大切なのです。
お片づけサービスで伺うお宅には、物の量が割と少なく部屋もスッキリしているのに、たくさんの物が床置きになっている場合があります。明らかに置き家具を追加すべき場所に追加していないことで散らかっているというパターンです。そのようなお宅のお客様は
子どもの童心を取り戻す努力をしました。

子どもの手が届くところに置いておきました。

「どんな家具を買えばいいかわからない。失敗したくないから買えない」とおっしゃいます様々な情報を得て失敗をなるべく少なくすることは大切ですが、失敗しなければ得られない学びもあります。自分にとって大切な物を見極めることがまさにそうです。これは他人や外部の情報の中に答えがあることではありませんから、自分でじっくり悩み、迷い勇気を出して決断し、その結果成功したり失敗したりしながら自分の価値観をより明確にしていくしかないのです。

子どもに命の尊さをわからせる

大人でも難しいことだからこそ、てあげてくださいお子さんには小さなころからそのような経験を積ませもちろん、必要に応じてお子さんが上手に判断するためのアドバイスや基準の提案は大切です。いい決断ができたときは一緒に喜び、失敗したときは叱ったりダメだししたりするのではなく
じゃあこれからはどうすればいいと思う?と、親子で次への学びを手に入れましょう。
それでも子どもの決断に
うーん、どうかなあ……?と不安になったときは、子どもがいらないと言った物を見えない場所でしばらく保管して様子を見るのもいいと思います。
後で言われたときには、「この前いらないって言ってたから処分しようと思ってたんだけど、そういえばママがうっかりしていてまだ処分してなかったわ。はい、どうぞ」と言って出してあげればいいのです
大切なのは、わが子に決断する経験を積ませること。子どものころの決断は絵本やおもちゃをどうするかといった程度ですが、大人になったら進学先や将来の職業、人生を共にする相手などを決めなければなりません。
子どもの童心を取り戻す努力をしました。

子どもはしぶしぶ自分の部屋へ引き上げますがす

自分で決めるとは、人生の舵取りを自分でするということです。自分でしなければ、いつの間にかまわりに決められてしまいます。
自分の望まない不本意な人生になってしまってから、あれこれと不平を言っても遅いのですどうかお子さんが自信を持って人生の大切な選択を決断できる大人になれるよう、なころからお片づけを通して見守ってあげてください。
小さ
お片づけが育む子どもの生きる力④ものごとを工夫する力わが子が
大切な物を選んで要不要を自分で決めたら、残った物はすべて
どこかに収納する物ということになりますね。子どもが自分で管理できるようにするためにはただ単にどこかに突っ込むだけではうまくいきません。

      母さんの言葉にはつよい影響を受ける。
      子供も大人と一緒になって
      子ども達に見られますねああいうのはつまらない。