コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

母さんの真似が大好きな女の子にとって

子どもが選んでいいこととそうでないことがある

父親の青春

「リビングはお客様をお迎えする空間だから家族の私物は置かなでもこの発想は、海外でもリビングルームとファミリールーム
家族専用のリビングるのは難しいでしょうの両方があるようなお宅の話であって、日本で同じように実践すまた、家族に対しては私物は置かないでー」と言いながら、ビングのあちこちに収納を確保していたりしませんか
ママの物はちゃっかりリたまにくるお客様よりも、まず、そこで毎日暮らす家族が優先。お子さんが一番よく使う物だけでも、頑張ってリビングルームに収納スペースを確保してあげましょう。
先生に怒られた人がいる

しつけが悪いと叱られるのだ

見た目の素敵な家具や収納グッズで工夫すれば、生活感を出さずにリビングを整えることは十分可能です。
たとえば勉強の物。小学校低学年のうちは丸つけをしたり音読を聞いたりと、ママにとっても宿題はリビングでさせた方が便利なことが多いはずです。絵の具セットや書道セットなどの大きな学用品は子ども部屋に置くにしても、教科書、ノート、辞書ぐらいなら、リビングに棚スペースを用意してあげてはいかがでしょうか?最近では勉強机もリビングに置けるサイズが増えていますから、机をどこに置くのか、勉強をどこでするのか柔軟に考えてみましょう。
子どもの洋服についてはどうでしょうか。
小さなお子さんなら、ママが着替えさせたり日中も着替えさせたりすることが多いでしょうから、リビングに近い部屋に収納できるとラクですね。

 

母さんが多いと思います。

子供たちはいやらしい場面は見られない。服を入れる引き出しならクローゼットのない部屋でもスペースを用意することができます。大きなお子さんなら着替えも子ども部屋でしたいでしょうし、吊るす衣類も増えているはずですから、子ども部屋のクローゼットを上手に活用した方がいいでしょう。
子どもの物は子ども部屋、という単純なルールだけでは、なかなか片づけやすい仕組みにはなりません。どこだったらわが子がちゃんと自分で片づけられるか、という目線で定位置を見直してみましょう。
子どもが片づけやすい仕組みづくりのコツ③よく使う物が最優先「じゃあ、小さな子どもの物はすべてリビングまわりに収納しなくちゃいけないの?そんなの無理だわ」-そう思うかもしれませんね。
体験のきっかけにすることができる

成績が上がる!実際それは現実的ではないでしょう。
そんなときに考えるべきなのが、使用頻度です。
私たちが家の中に溜め込んでいるたくさんの物の中で、本当によく使っている物は実はごくごく一部。全体の2割もないと思っていいのではないでしょうか。ですからお子さんの物の中でも一番よく使う物だけを厳選すれば、それほど大きな収納スペースは必要ありません。ぜひリビングにスペースを確保してあげましょう。
たとえばわが家では、テレビ台には息子が一番よく遊ぶおもちゃを入れています。テレビ台といえばDVDを入れたりテレビの取扱説明書を入れたりしている方が多いですよね。
でもわが家では、取説はほとんど調べることがありませんし、たまにしか見ないDVDよりも、毎日片づけてバトルを繰り返すおもちゃを入れた方がずっと合理的です。

子どもでもあれば親の欲目というのが入る。


テレ
旨を息子のおもちゃ箱にすれば、子ども部屋に片づけに行かなくても済みますし、逆にテレビ台下に片づけることさえしないようならば新しいおもちゃは買ってあげられないねときっぱり伝えることができます

この場所で実際によく使っている物は?と考えて、物の定位置を柔軟な視点で見直してみてくださいね。
子どもが片づけやすい仕組みづくりのコツ④子どものレベルに合わせるきっちり片づけたいママには特に気をつけていただきたい点です。
成長してゆけるのではないでしょうか。

育てることの重責など

育てることになってもしっくりしないという例です。片づけ方は、わが子にとって、やりやすい方法になっていますか?
あなたが決めたその年齢的に、または性格的にたたむのが苦手なお子さんにきっちりたたむことを求めすぎると、苦手意識が強くなってしまうかもしれません。
ママにとっては大丈夫でも、お子さんには収納場所が高すぎて出し入れが大変だったり引き出しの摩擦が大きすぎて開け閉めに困っていたりしませんか?ちょっとしたやりづらさがあるだけで、元に戻すをしてくれなくなります。
また、おもちゃやプリントの仕分け方が細かすぎたりしていませんか?