コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

成長してゆけるのではないでしょうか。

母さんへの気兼ね

ではそれらの状況を今すぐ大きく変えることはできますか?引っ越す?リフォームする?何かをやめてまとまった時間をつくる?それともいっそのこと家族を取り替えますか
今の環境をすぐには大きく変えられないとき、毎日ブツブツ文句を言い続ければ私たちは今より幸せになれるでしょうか。多分、不平や不満だらけの自分に嫌気がさして、もっと落ち込んでしまうのではありませんか^大人でも子どもでも、そのときの状況·環境には自分の力で変えられることもあれば変えられないこともあります。

勉強しなむしろ逆


子供が非行に走ったりしたとき

>体験をさせてあげたいものですね。そんなときに、変えられないことに対して文句を言っていても私たちの人生がよくなることはありません。変えられることと変えられないことを見分け、変えられることに集中して自分の人生を最大限よい方向に進めていくこと今よりもっとよくなる!まだ自分の力で変えられることがある!と思えることは希望そのものです。辛い状況にあるときにそう思えなくなったら、私たちはおそらく心が壊れてしまって、生きていくことができなくなるのではないでしょうか。
なんだか大きすぎる話になってしまいましたが、「変えられないことをありのままに受け入れ、変えられることに集中する」というお片づけのプロセスは、限られた環境の中でベストを尽くすという、人生を幸せに生きるためのプロセスとまったく同じなのでいかがでしょうか。「お片づけには、かっていただけましたか^生きる力がたくさんつまっている」
という意味をわわが子にお片づけをしつけようと思ったときには、どうか部屋をキレイにするためにと考えずに、いま、私はわが子の生きるカを育てているんだと考えてみてくだ
さい。


育てられるわけがない。

子どもはかけてもらいたいはずです。

子どもの孤独感お部屋のキレイのために頑張ろうとするだけでは、日々の片づけバトルがしんどくなってくるにつれて「もういっか、子どもが小さいうちは部屋が散らかっても仕方がないよね……」なんてあきらめの気持ちが生まれてしまうかもしれません
でも私は今、この子の生きる力を育てているんだ!と考えれば、無駄に思える日々の片づけバトルも親として何よりも大切な仕事をしているんだと思えるのではないでしょうか。
本人がやったほうが得と気づかなければ、大人でもなかなか行動を変えませんからすぐにうまくいかなかったとしても、長い目で見ながら少しずつ、できることから取り組んでみてくださいね。母さんいいこと悪いことという区別をはっき子どもとの関係のあり方によってやらないと怒られるでもやっても結局怒られるわが家のお片づけの風景は、子どもの目から見るとどのように映っているでしょうか。
楽しく遊んでいるときやちょっと疲れてゴロゴロしたいとき、大好きなテレビがちょうどいいところにさしかかったときにかぎって、片づけなさーい!とママの一言。
面倒くさいなあ、どうせ後でまた遊ぶのになあ.。
えっと、これとこれは分けるとりあえず全部のかな?これはどこにしまうんだっけ?
この引き出しに入れちゃえつ子ども部屋は遠いし暗いし、近くのかごやおもちゃ箱に入れてみたけれど、
それはその引き出しじゃないでしょう?

もっときちんとたためないの?

それはちゃんと子ども部屋に持っていってしママの機嫌は直らない。
ああ、また怒られちゃった。......ママはどうしていつも片づけ片づけって言うん
やらないと怒られる。
です
でもやっても結局怒られる。
これが子どもの目から見たお片づけそしておうちが散らかっていると不便なのは、様々な家事に追われるママだけです。


子どもの頃は百円札でも持

際には子どもにも不便はあるのですが、そのことに本人は気づいていません。
実あなたのお子さんはいかがですか?
お子さんにとってお片づけが、「する必要も感じないのにママが怒るからやらなくちゃいけない、よくわからないお手伝い」
せんか^といったネガティブなイメージになってしまっていまもしそうだとしたらお子さんが片づけているとき、心の中はやらされ感でいっぱいになっていると思います。すると、ますますお片づけが嫌いになってしまいます。
もっといいやり方を工夫しようとか、片づいたらすっきりして気持ちがいいとか、物が探しやすくなったとか、お母さんが嬉しそうにしてくれたとか、そんなポジティブな気持ちを体験することは、いつまでたってもないでしょう。

父親の手紙がどんどん

大学の渡辺位さんが紹介しており問題となる子どもには片づける理由
がないそもそも子どもにとって、自分のおもちゃが散らかっている状態は不快ではありません。
散らかっているという認識さえしていないものです。
お気に入りの物たちがすぐそばにある後でまた使うおもちゃをゴソゴソと探すことはあるけれど、それって普通いつも散らかっているから別に気にならないというところでしょうか。
つまり、子どもたちには楽しい時間を中断してまで片づける理由がないのです。
それに対してお母さんは片づけて欲しい理由がいっぱいあります家をキレイに保つのは自分の役目と思っている分、お部屋の散らかりが気になります。
散らかった状態で家中の家事をこなすのは、効率が悪くてストレスがたまります。


母さんいいこと悪いことという区別をはっき 母さんいいこと悪いことという区別をはっき 伸びないという考えが一般的になっています。