コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

学校に夜忍びこん

子供にいく

大学四年の時点で文学部
しかし、中学受験は損得で考えることではありません。
我が家の教育方針として決め、子どもがこれが自分の人生だ
と思えることが一番の幸せです。
議論を重ね、もちろん、子どもがその方針に反対の場合には、子どもの意見も聞いてあげましょう。
子どもも親も納得できる結論へと向かっていってください。
途中でやめたがったときは
受験を決めて、小学4年生あたりから塾で本格的な受験準備に入っても、それからの3年間は親子ともに何度となく試練を経験することでしょう。
よくあるのが、「子どもから受験をすると言ったのに、やる気がなくなって受験をやめたいと言っている」というお母さんの悩みです。

中学受験においても、子どもが受験をすると言うからさせる、子どもが受験をしたくないと言うからさせないといった、子どもの意見を重視するケースが多いように思います。
しかし、小学生の子どもが自分の個性を認識し、未来を想像して、中学受験という大きな判断をすることができるでしょうか。
そもそも子どもが自分の意志だけで中学受験を決められるわけがないと思っています。
親の方針で、最初のスタートは決めてよいのだと思うのです。
私は、大学受験とは違い、高校や子どもに聞いても、たいていの場合わからない
からです。
ただし、そこには根拠がなければなりません。
私立中に行かせたいのなら、その理由は何か。
自分の子どもにはどういう教育をさせたいのか。
受験を通して何を身につけさせたいのか、しっかり考えます。
言語化できる根拠が必要です反対に、公立中が良いというのなら、その理由は何なのか、中学時代をどう過ごさせたいと思うのか、そして高校、で自問自答をしてみてください。できれば夫婦で話し合い、我が家の教育方針を明確にするとよいでしょう。

父親が大きく影響します。

大学はどう考えているのかなど、まずは親自身
我が家の教育方針

で決める受験したい
家の経済的な事情で難しいと判断したら、私立に行くのは高校からだからね
と子どもに話せばよいのだと思いま子どもが私立中学をすと言っても、
それでどうして?と聞かれたら、子どもが納得できるようにうちは、学費をこう使うことに決めていると根拠を説明すれば、子どもなりに理解できるのではないでしょうか。
「子どもは私立中を受験したいと言うのに、経済的な理由でさせないというのはかわいそうなのでは……」と申し訳なく思う必要はありません。

伸ばすことに重点をおくのもいいですね。


子どもの全体の生活の中で考える子どもの童心を取り戻す努力をしました。金銭的な問題も含めて我が家はこういう教育方針なのだから
と、一度決めたらブレないことが大切なのです。
それぞれの家庭の教育方針に正しいとか得だというものはなく、家族の数だけ教育方針はあるのです。
中学受験は地域性もあります。
塾の先生に言われたり、子どもの周囲で中学受験をする子が多かったりすると、中学受験をさせるのが正しい
とか今、中高一貫に入れておくのが得だ
などと考えて、うちの子も受験させよう
と思ってしまうかもしれません。

子どもと会話しているつ

しかし、中学受験は損得で考えることではありません。
我が家の教育方針として決め、子どもがこれが自分の人生だ
と思えることが一番の幸せです。
議論を重ね、もちろん、子どもがその方針に反対の場合には、子どもの意見も聞いてあげましょう。
子どもも親も納得できる結論へと向かっていってください。
途中でやめたがったときは
受験を決めて、小学4年生あたりから塾で本格的な受験準備に入っても、それからの3年間は親子ともに何度となく試練を経験することでしょう。
よくあるのが、「子どもから受験をすると言ったのに、やる気がなくなって受験をやめたいと言っている」というお母さんの悩みです。

子どもは敏感にそれを察知する。


育児で終わってしまうのはつまらない
3年間順調に受験勉強が進むなど、むしろあまりない話であり、やる気や受験への意欲が下がるのはよくあることです。
「組み分けテストの結果が悪くて、たり、先生にほめられたりするとクラスのランクが落ちた」嫌いな科目が足を引っ張って、やる気になれないときもあれば、ちょっと点数が良くて順位が上がっよし、がんばるぞとやる気を取り戻したり。子どもの気持ちは毎日コロコロ変わるものです。
だから子どもがもう受験なんかやめる!
すと言ったときは、え、どうしてそんなこと言うの
と感情的になったり、どうしよう
とうろたえたりしないことで
つべこべ言わずにやりなさい!
自信をなくしている子どもに「そんなんじゃ、もちろん、解決にもなりません。
と叱ったり、あなたの将来はないわね」

体験できることがわかった。

と追い打ちをかけても、なんのお母さんには広く大きな心で、受験をしたくない
そうか、この子は今日はやりたくないんだと受けとめ、じゃあ、どうすればやる気を取り戻せるだろうか
と考えてほしいのです。
という気持ちの背景には何があるのか、それを冷静に探して、対処法を考えるのが親の役目です。

また、そんなの大丈夫よ
どんとかまえてお母さんの器の大きさを示すことが大切だそして、と思います。
子どもの一言一句に右往左往せず、そんなこと言ってるの?
と、子どもが受験をイヤだと言うからじゃあ、やめようかと同調したり、応じたりするのは、まるで友達の関係です。
最近は友達親子願望を持つ親御さんもいるようですが、やはり親は親であるべきと私は思います。子どもを導き、支え、成長を促し、応援をする存在です。
自分がこの子を育てているのだ
という信念を持って、子どもと向き合っていけるとよいですね。


子どもの童心を取り戻す努力をしました。 学校に夜忍びこん 小学校に入りました。