コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

体験のきっかけにすることができる

子どもは寝なさい!

子どもの感情が伝わってくるのです。

床置きの物をどけてから掃除機をかける必要がなくなりますし、隅々のホコリまで吸えるので掃除が終わった直後にノズルが届かなかった隅っこの方からホコリが舞いだしてくることもなくなります
掃除グッズの収納スペースも小さく洗剤も普段の掃除ではほとんど必要なくなるので、て済むようになりますよお片づけの4つの手順とその意味はわかっていただけましたでしょうか?実はこの順番にもちゃんとした理由があります。それぞれの手順は、一つ一つを丁寧にすればするほど、次のプロセスがラクになるという関係になっているのです①整理で必要な物をきちんと見極められれば、物の量は自然に減ります。
母さんの真似が大好きな女の子にとって

育てねばならない。

物の量が減ると、②収納を考えるときも一番理想的な場所に定位置を確保できるように理想的な場所、つまり戻しやすい場所に定位置を決めることができると、③片づけがとそして、スッキリ片づいた部屋は、④整頓,掃除の作業も短時間でラクに済ませられるなりますてもラクになります。
ようになるのです。
そしてこの4つの作業は大きく分けると前半と後半に分けられます。
前半の2つの作業である①整理と②収納は、片づけやすい仕組みづくりのプロセス。
そのときの暮らし方にあわせて一度仕組みをつくれば、引越しや結婚、大きく変わらない間はさほど見直す必要がなくなります。
出産などで暮らしがそれに対して後半の2つの作業である③片づけと④整頓·掃除は、定期的に必要となるメンテナンスのプロセス。片づけやすい仕組みをつくっても人が生活しているお部屋は毎日散らかりますし、何もしなくてもホコリは日々積もります。

 

子どもが小さい頃から始める

子供が大切であキレイな部屋をキープするためのメンテナンス作業は、生きている限り一生続く家事なのです一生つきあう③片づけと④整頓,掃除をよりラクにするためには、ることが大切です最初に仕組みを整え中途半端なズボラさんは仕組みづくりを嫌って、毎日大変な片づけと向き合うことになります。筋金入りのズボラさんは、あえて最初に仕組みづくりを頑張ることで、その後はずっとラクにキレイをキープしているのです。さあ、あなたはどちらのズボラさんになりますか
片づけやすい仕組みづくりは、未来への価値ある投資。
成長してゆけるのではないでしょうか。

子供の可能性を引き出し良い点ぜひそのことを実感していただきたいと思いますさて、お片づけの目的や手順についてお話ししたところで、いよいよ子どもが片づけや
すい仕組みづくりのコツをお伝えします。わが子に片づけて欲しいならママもガミガミ怒るだけでなく、知恵を絞って工夫しましょう。子どもが片づけやすい仕組みには、4つのシンプルなコツがあるのです。
子どもが片づけやすい仕組みづくりのコツ①自分で管理できる量にする大人でも子どもでも、持ち物の数が多ければ多いほど片づけにかかる時間も長くなります。ですからまずはお子さんが無理なく管理できる量に持ち物を絞ることが大切です子どもがいると物がどんどん増えちゃって……とはよく聞く言葉ですが、物は勝手に増えたりしませんし、子どもが自由にできるお金はたかが知れています。

母親は貧しさに支えられて慈


つまり、物が多いとすればそれはまわりの大人が増やしているはず。中学生ぐらいまでは「自分の物を自分で片づけないなら、新しいおもちゃは買ってあげられないよ」など本気になれば親が子どもの持ち物をコントロールすることはできるのです。物がどんどん増えることを、子どものせいにすることをまずやめましょう
小さなお子さんのおもちゃの量を調整する場合、見えるところに収納する
よく遊ぶものと、隠して保管する
あまり遊ばなくなったものを分けるだけでも日々の片づけがラクになります遊ばなくなったものを思い出すようなら、ときどき入れ替えてあげるのもいいでしょう。
収納スペースと物の量のバランスを取ることも大切です。その際は、おもちゃが増えたら収納スペースも増やすではなく、おもちゃが増えたら減らせる物を探してみると考えること。子どもは成長·変化が早いので、新しく増えるおもちゃがあれば卒業するおもちゃもあるものです。
おもちゃの収納スペースをどの程度確保するかは、各家庭の事情に合わせて決めてください。
教育ママと呼ばれるのだとしたらいまの世の中

母親は言うことを聞かない

教育をすることは不可能です。たとえばお洋服に興味を持たないお子さんなら、衣類収納のスペースを最小限にすることで、おもちゃスペースを多めに確保することもできるでしょう。
いずれにしても、お片づけにうんざりするほど物を増やさないというのが、片づけやすい仕組みをつくるシンプルなコツです。
子どもでも子どもが片づけやすい仕組みづくりのコツ②定位置の決め方が鍵「定位置子どもに片づけて欲しいと思ったら、場所に近いことです何よりも大切なのは戻す場所」が使うたとえば、いつもリビングで遊ぶおもちゃなら、子ども部屋ではなくリビングに定位置をつくってあげた方が子どもに協力してもらいやすくなります。
整理収納の本にはよく、いと書かれていますね。